JR北海道予約サービス会員規約
 
 北海道旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が運営するJR北海道予約サービス(以下「本サービス」といいます。)の会員(以下「会員」といいます)によるご利用について、以下のとおりJR北海道予約サービス会員規約(以下「会員規約」といいます)を定めます。
 
(適用範囲)
第1条    本規約は、本サービスのご利用について、当社と会員に適用されるものとし、会員規約に定めのない事柄については、別に定める「JR北海道予約サービス利用約款」に従うものとします。利用者は、本規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすることで本規約の内容への同意を表明し、本規約の内容を承諾しているものとみなされます。なお、本サービスの会員の申込手続きについては、第5条の規定によります。
   当社は、会員の承諾なく本規約の内容を変更できるものとします。また、当該変更は会員規約で別途定める場合を除き、変更に関する当該通知が本サービスの画面上に掲示された時点をもって会員への通知が完了したものとみなします。
   会員は、会員サービスを利用するにあたり、会員規約を誠実に遵守するものとします。
   本規約のほか、指定席等の予約については「JR北海道予約サービス利用約款」に従うものとします。
 
(通知及び同意の方法)
第2条    当社から会員への本サービスに関する通知(規約の改訂、サービスの追加、変更及び廃止等を含みます。以下同じ。)は、本サービスの画面上での掲示、あるいは電子メールの送信によって行われるものとします。通知が、本サービスの画面上で行なわれる場合は画面上に掲示された時点をもって、電子メールの送信によっておこなわれる場合は会員が登録している電子メールアドレス宛に送信をおこない、会員が加盟しているメールサーバ宛に到着した時点をもって、通知が完了したものとみなします。
   当社は、前項の方法により会員に通知を行った場合、通知が完了した日をもって、会員が同通知の内容に同意したものとみなします。
 
(本サービス利用上の注意点)
第3条    本サービスは、指定席等の予約において、本サービス以外の方法より優先して予約が可能となるものではありません。
   本サービスを利用する場合、当社が指定したクレジットカード(以下「カード」といいます。)により決済するものとします。決済に使用することができるカードは、会員本人名義のものに限ります。また、カードの使用については、カード会社が定める規約に従うものとします。
   本サービスを利用する場合、決済に使用するカードの番号を、下記のいずれかの方法により登録または入力することが必要です。
  (1)  会員登録時にあらかじめカード番号を登録する方法
  (2)  ご予約申込の都度、カード番号を入力する方法
   前項第2号に定める方法によりカード番号を入力する場合、23時00分〜翌日5時30分まで、本サービスをご利用になれません。
(入会金及び会費)
第4条    入会金及び会費は無料とします。
 
(会員登録申込及び登録内容の変更)
第5条    本サービスを利用するために会員登録を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、会員規約に同意の上、本サービスの画面上から所定の手続に従って、本人が会員登録の申込を行うものとします。また、第3条第3項第1号に定める方法によりカード番号を登録する場合は、登録したカードに対して、当社が実施する所要の有効性確認を行うことについても、登録希望者はこれに同意するものとします。
   登録希望者は、登録申込に関して、自身に関する情報をすべて正確に提供し登録するものとし、登録した情報は本規約の定めに従い常に最新、完全かつ正確に保つことに同意するものとします。
   前項の登録内容に不備があったことで会員が不利益を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
   会員は、登録申込において登録した内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更を行うものとします。
   会員が前項の変更を怠った場合に、本サービスを利用するうえで支障が生じても当社は一切の責任を負いません。
 
(会員登録申込の承認)
第6条    登録希望者が、前条に規定する会員登録手続を行った後、当社は、その内容を承認した場合、登録希望者に対して登録した旨の通知を届け出たメールアドレスに送信します。これにより会員登録手続きが完了し、登録希望者は会員となります。
   前項に関わらず、登録希望者が以下に定める事由の何れかに該当することが判明したときは、当社は当該登録希望者の登録を承認しない場合があります。
  (1) 登録希望者が実在しない場合
  (2) 登録希望者が日本国外に居住する場合
  (3) 登録希望者がすでに会員になっている場合
  (4) 登録希望者が過去に会員規約違反等により、会員資格が停止され、または会員資格が抹消されている場合
  (5) 会員登録手続の際に当社に届け出た事項に虚偽・誤記入又は記入漏れ等があった場合
  (6) 登録希望者の指定したカードにつき、カード会社、収納代行会社、金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合
  (7) 登録希望者が再登録の場合等であって、本サービスの利用料金等の支払を過去に怠ったことがある場合
  (8) 登録希望者が後見、補佐、補助開始の審判を受けており、成年後見人、補佐人、補助人の同意等を得ていない場合
  (9) その他、登録希望者が第10条に定める利用者資格の中断又は取消の事由の何れかに該当する場合
  (10) その他、登録希望者を会員とすることを不適当と当社が判断した場合
   会員による会員データの不備、あるいは誤りが原因で、サービス利用上の支障が生じた場合、当社及び会員サービス提供者は一切の責任を負いません。
 
(パスワードの管理義務)
第7条    会員は、当社が会員に付与するパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとし、第三者に使用させたり、貸与、譲渡等をしたりしてはならないものとします。
   会員によるパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等当社の責めによらない事由による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。利用者は、自己の設定したパスワードを失念した場合は、本サービスの画面上から再設定するものとします。
   会員は、自己のパスワードが盗まれたこと若しくは第三者に使用されたことを知った場合には、本サービスの画面上から再設定するものとします。
   当社は、パスワードが第三者に使用されたことによって当該利用者が被る被害について、一切の責任を負いません。また、当該パスワードによりなされた利用は、当該利用者によりなされたものとみなし、当該利用者は、当該利用による購入代金その他の債務の一切を負担するものとします。
   当社により初回に付与されたパスワードは、会員各自において本サービスの画面上で変更・取消を行うことができます。
 
(登録情報の使用)
第8条    当社は、会員登録又は本サービスを利用する過程において当社が知り得た利用者の個人情報については、原則として第三者に開示しないものとします。ただし、以下の項目に該当する場合は、利用者の同意なく情報を開示することがあります。
  (1) 利用者が、個人情報の開示について別途明示的に同意している場合
  (2) 当社が、法令及び国家機関等により開示を求められた場合
  (3) 当社が、本サービスの利用動向の分析のため収集した個人を特定できない統計情報を開示する場合
 
(禁止事項)
第9条    会員は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
  (1) 当社の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
  (2) 当社の財産を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
  (3) 上記各号の他、当社に損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
  (4) パスワードを不正に使用する行為。
  (5) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは配信する行為。
  (6) 法令に違反する又は違反するおそれのある行為。
  (7) その他、当社が不適切と判断する行為。
   会員は、登録したカードについて、発行カード会社に対し以下の行為を行ってはならないものとします。
  (1) カード記載の氏名を偽称する行為
  (2) 他人のカードを不正に使用する行為及びカード会社が定める規約に違反する行為
  (3) その他、カード会社あるいは金融機関等が不適切と判断する行為
 
(会員資格の中断・取消)
第10条    会員が以下の項目に該当する場合、当社は、事前に通知することなく、直ちに当該会員の資格を中断又は将来に向かって取消します。
  (1) 第6条第2項各号に定める事由のいずれかに該当することが判明した場合
  (2) 本サービスの最終利用日より起算して2箇年を経ても利用がない場合
  (3) 本サービス上で会員が登録したカードが決済不能となった場合
  (4) 本規約に違反した場合
  (5) その他、会員として不適切と当社が判断した場合
   当社が前項の措置を取ったことで、当該会員が本サービスを利用できず、これにより損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。
 
(損害賠償)
第11条    会員は、会員が本規約又は法令の定めに違反したことその他利用者の責めに帰すべき事由により、当社又は第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当社及び第三者を免責することに予め同意するものとします。
   第9条に該当する会員の行為によって当社及び第三者に損害が生じた場合、会員資格を喪失した後であっても、会員はすべての法的責任を負うものとします。
 
(会員登録解除)
第12条    会員が本サービス利用の終了を希望する場合には、本サービスの画面上から退会手続きを行い会員登録情報を解除するものとします。会員は、当社からの利用終了通知の送信をもって本規約に基づく利用者としての資格を喪失するものとします。ただし、この場合であっても、資格喪失までに会員が利用した本サービスについては、会員資格喪失後も本規約の適用があるものとします。
 
(登録したクレジットカード情報の削除)
第13条    本サービス利用時に登録したクレジットカード情報の削除を希望する場合には、会員の任意により本サービスの画面上から所定の方法により手続きができるものとします。ただし、本手続きによって会員資格を喪失するものではありません。また、この手続きを行った場合は、次回利用時以降はクレジットカード情報の再登録を行う必要があります。
 
(サービス条件の中止及び中断)
第14条    当社は、本サービスの運営に関し、必要と認める場合、当社の裁量において、本サービスへのアクセスを制限することができます。
   当社は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中止・中断できるものとします。
  (1) 本サービスのシステムの保守を定期的又は緊急に行う場合
  (2) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合
  (3) その他、当社が、本サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合
 
(権利の帰属)
第15条    本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標及び商号並びに本サービスにより提供されるサービス等及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当社又は提携企業等に帰属するものであり、会員は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
 
(サービス提供に関する免責事項)
第16条    本サービス提供における、遅滞、変更、中断、中止、停止及び廃止、本サービスを通じて登録又は提供される情報等の流失もしくは消失並びにその他本サービスに関連して発生した利用者又は第三者の損害について、当社は一切の責任を負いません。
   当社は、本サービスへのアクセス制限、本サービスの中止・中断などの発生により、利用者又は第三者が被ったいかなる損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
 
(準拠法)
第17条    当社と会員との本サービスに関する準拠法はすべて日本法が適用されるものとします。
 
(全般)
第18条    本サービスに関連して、利用者と当社との間で紛争が生じた場合には、当社の本社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
 
(規約の発効等)
第19条    本規約における日時は日本標準時間を基準とし、日本標準時間2015年11月18日より有効とします。
日本語以外の言語による本規約に関して疑義が生じた場合、日本語によるものを正文とします。